配管に欠かせない「継手」

配管に欠かせないものと言えば?当然パイプですが、パイプと同じくらい重要なのが「継手」なんです。

継手はパイプ同様、用途によって適した材質・種類があります。

▼継手の種類はコチラ

さて、継手が用いられる「配管」とはそもそも何なのか?ですが、配管とは、円筒状の空間の中に、液体、気体、粉体などを流したり、あるいは配線やケーブルなどを保護するために用いられています。

目的によって、気体配管、液体配管、粉体配管、配線保護配管の四種類に配管を分類することが可能です。

我々の生活の身近な配管というと、水道やガスが思い浮かぶと思います。

ちなみに、水道は液体配管、ガスは気体配管になります。

産業の分野においては配管はますます欠かせない存在です。

工場では機械と機械の間、あるいは建物と建物の間に、水、燃料ガス、蒸気、燃料油、空気、等を輸送する配管があります。

そして配管の有るところには、必ず「継手」が用いられているのです。